このページの本文へ

これまでの「あぐりの学校」

「あぐりの学校」は、あぐりの丘で活動してみたい人を集め、年間6~7回の
ワークショップを開催します。あぐりの丘の広大なフィールドを使いながら、
やってみたい事を共有し、チームを作り、企画を考えます。考えた企画は
「あぐりの丘でやってみよう!」(社会実験)で実現したり、活動プランで
実行します。

「あぐりの学校」を卒業したメンバーの多くは、ワークショップが終わった後
も継続してあぐりの丘で活動を行っています。

以下は、各回の「あぐりの学校」のニュースレター(議事録)です。

平成26年

H25の「あぐりの学校」からの継続者を含む約40名の方が参加し、あぐりの丘で活動する上で大切なスキルを学び、さらにレベルアップした自分たちのやってみたい事を考え、実現しました。

第1回 <オリエンテーション/チーム編成>
第2回 <仲間作りのコツを学ぼう>
第3回 <情報発信を学ぼう>
第4回 <活動の先にあることを考えよう>
第5回 <第3回「あぐりの丘でやってみよう!」を振り返ろう>
第6回 <あぐりの丘での活動と地域への貢献>

平成28年

平成28年度は、「あぐりの学校」に加え、これまでのあぐりの学校の経験者が
参加する「連絡調整会議」を開催しました。
この会議では、あぐりの丘で活動する活動者がより活動しやすい環境をつくる
ための話し合いを進めています。

第1回 《みんなでつくる連絡調整会議》
第2回 《みんなでつくる連絡調整会議》
第3回 《みんなでつくる連絡調整会議》
第4回 《みんなでつくる連絡調整会議》